物が少ないキッチンを作る

キッチンは女の城と言われています。昔は男子禁制と言われたこともあるくらい、キッチンは主婦の砦のようなものです。毎日使う場所だからこそ、徹底的に使いやすくて快適な空間にすると料理を作ることがより一層楽しくなると思います。まずはキッチンに物を増やさないことが大前提です。料理を作ると油が飛んだり、水しぶきがかかったりしやすいので、掃除のしやすい空間にすることが大切です。その方が衛生面でも安心です。そのためには無駄な物があると余計な仕事が増えてしまうので、極力置かない様にします。例えば調味料やカトラリー類も出しっぱなしにするといつの間にか油とホコリがついていたということになりかねないので、引き出しなどにしまうようにします。また使わないと思った物は潔く処分します。いつか使うだろうと思って置いておいても、存在すら忘れてしまいがちだからです。そして最後にキッチンの見た目のよさにこだわるために、パッケージの可愛い調味料や鍋などを上手にディスプレイします。自分の好きな物が飾られているだけで、その空間にいることが幸せに感じられます。清潔で綺麗なキッチンだと料理を作る気分が違ってくるので、是非物を減らして掃除をしやすいように心がけてみてはいかがでしょうか。